乳房再建の手術方法

皮弁法

皮弁法とは、体の一部分の皮弁(皮膚、脂肪や筋肉など)をひとかたまりに、血行のある状態でほかの部位に移植する方法です。
この皮弁を用いて乳房を再建する皮弁法ですが、自分の組織を移植するため自家組織再建の一種でもあります。

› 詳しくはこちら

インプラント法

シリコンで出来た乳房インプラント(以下、インプラントといいます)は、乳房の形に似せて作られた人工乳房を胸に挿入して再建する方法です。

以前は保険診療で行うことができなかったインプラント再建ですが、2014年から保険診療での治療が認められるようになり、最近特に希望者が増えている方法です。

› 詳しくはこちら

脂肪注入法

太腿やおなかなどから、細い管を使って脂肪吸引を行って、それを乳房へ注入するのが脂肪注入法です。

脂肪注入の手術は自費診療となるため、他の方法に比べて費用が掛かる点に注意が必要です。

› 詳しくはこちら

乳房再建方法を徹底比較!